東南アジア材 の 豆知識
チーク



チークの商品コーナーはこちらから




Teak  くまつづら科   産地 ミャンマー・タイ・ラオス など

心材は初め金黄褐色で、次第に褐色〜濃暗褐色になる。肌目はやや粗〜粗目で、木理は通直ないし浅く交錯し、乾燥後の寸法安定性は極めて高い。耐久性は絶大で、シロアリ等にはほとんど犯されない。高級家具、内装材、また水に強いため造船材にも用いられる。
  気乾比重0,57〜0,69
花梨(カリン)



花梨の商品コーナーはこちらから




padoauk  花梨 花林  マメ科   産地 タイ北中部からミャンマーにかけて

心材は普通 紅褐色〜帯桃暗紫色で 肌目はやや粗目で 木理は交錯する。美しい玉杢は希少価値がある。収縮率は小さく、狂いの少ない安定性の高い木である。磨くと光沢が出て美しいため、高級家具、床の間用材、フローリング等に使用され、瘤は、衝立・テーブルなどに用いられる。  最近 輸入量が激減しており、幅が80cmを超えるテーブル用の1枚板は、数少なくなってきている。 食用のかりんとは別の木である。
気乾比重0、81〜0、9
モンキーポッド



モンキーポッドの
商品コーナーはこちらから




学名 Albizia saman / Samanea saman  別名 レインツリー

熱帯アメリカ原産のマメ目ネムノキ科ネムノキ属の常緑広葉樹。本来の分布は、中南米のメキシコからペルー・ブラジルにかけてであるが、広く熱帯・亜熱帯の各地に移植され、西インド諸島、フロリダ、ハワイ、東南アジアなどでも、植栽されている。辺心材の区別は明瞭で、辺材は灰白色、心材はチョコレート色から褐色であり、しばしば濃色の不規則な縞がみられる。木理は通直ないし、やや交錯し、肌目はやや粗い。両逆目が激しいのでカンナがけは困難だが、歯切れは良好。耐久性は強い。 気乾比重 0、56   

トップページに戻る